2009年 02月 08日
Ebisu.
c0141020_21524557.jpg

ふたたび東京へ。





金曜日から再び東京に入った。
今日は午後から恵比寿の東京都写真美術館にて、
2人のカメラマンの写真展を見に行ってきた。

写真を見た感想、
僕の正直な気持ちとしては、

"わからない。(理解できない。)"

が1番近い答えなのかも。

この2人のカメラマンは僕はまったく知らない人だったけれど、
かなり日本では有名なカメラマンらしい。

見物客も多く、1枚1枚時間を掛けて見ている人が多かった。

でも僕は、1枚の写真を見た時間は平均0.5秒。

前に並んでゆっくり眺めている見物客を追い越し、
スタスタスタと僕は他の写真を眺める。


全然分からない。

彼らは何を"主体"にして撮っているのか。
僕の気付かないところに主体があるのか。
それとも写真を極めてくると、そもそも主体なんて必要なくなるのか。

写真に主体は必要なのか?

わけがわからなくなってしまった。

自分の撮影スタイルは絶対に主体を置いている。
主体がない、見えない被写体は、そもそも僕はシャッターを切らない。

しかし、彼らにはほとんどの作品が主体がないように思えた。

でもそれでもそれらの作品は見物客の興味を引いている。

彼らは"綺麗な"写真が好きなのか、
それとも"アート的な"写真が好きなのか、
"大きいプリントの迫力"に興味が湧いているのか、

僕にはわからない。

"主体"という一つの型に捉われている僕の考えが間違えているのかもしれない。

作品自体は最後まで僕には理解できなかったけれど、
自分の中で写真に対する何かが変わったような気がした。
[PR]

by kozi_e | 2009-02-08 22:18 | ブルーな世界


<< DAM.      School Series. >>