2009年 05月 31日
Leaf and flower.
今日はアルバイト。
今日は子どもの写真を撮るアシスタントをしたわけですが、
本当に楽しかった。

昔から僕は子どもが大好きで、今日は頑張ってお子さんを楽しませよう!と
張り切っていたのだけれど、でも場所は"東京"ということもあり、
また、"からくりテレビ"なんかで出演している子ども達を見ていると、

『都会の子どもはしっかりしてるべー。んだんだ。』

みたいな感覚になり、ちょっと萎縮。笑

でも撮影が始まると、勝手な都会のイメージはすぐに吹き飛んでしまった。
本当に可愛くて楽しかった。

小さいお子さんを撮影することって難しい。
スタジオで撮影するのだから尚更。

しかし、今日1日で多くのことを学んだ。
やっぱり写真っていいな、と素直にそう思う。


僕は葉の写真を撮るのは好きだけれど、
花の写真は撮ることが嫌いというより、苦手。
物撮りも苦手だけど、花はもっと苦手。

どんなに頑張っても花の"華"を最大限に引き出すことができないと思ってしまう。

"そんなに難しく考えなくていい!"

なんて言われそうだけど、僕はこんな性格なんでそこは。笑

c0141020_19194322.jpg


c0141020_203232.jpg

[PR]

by kozi_e | 2009-05-31 21:07 | 植物 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://blueimage.exblog.jp/tb/11655433
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by genesishome at 2009-05-31 21:22
こんばんは~
年齢や性格にも寄りますけど、殆どの子供はレンズを向けると
無邪気にポーズ取ってくれる気がしてます。
でも私は子供も含めて人を撮るのが苦手です。
「この一瞬!」ってのを逃すことが多いんで。(; ̄ー ̄川 アセアセ

どちらかというと、草花風景は少し時間的余裕があるので個人的には楽です。
Commented by 銀プリおやじ at 2009-06-01 22:49 x
花って撮り方によって清楚な感じにもエロい感じにもなるし、
生命感を溢れさせることもできれば、死の予感もさせられるし、
何か自分の中にしっかりテーマを持っていないと難しいのかも
知れませんね。 
Commented by kozi_e at 2009-06-02 23:27
>genesishomeさん
外でのスナップだったりでしたら結構子どもは安易に撮影することができるのですが、
場所がスタジオでいつもの服装とは異なり、さらに立ち位置や構えまで決まっている環境なので、
ほとんどの子どもは緊張して撮れないものです。笑
僕はあくまでアシスタントなので、何もできないのですが、
先生はあの状況の中、見事に撮影しました。
やはりその道のプロの方というのは何処か違うものですね。

風景写真は時間的余裕はありますか??
撮影する被写体にもよると思いますが、
渓流などの写真ですと、(撮る物にもよりますが)
まずは日が廻る前の朝一でないと苔や水が写真の中で表現できず、
日が廻ってしまった状態で撮影するとどうしても生きている渓流を写し出すことができないですよね。
風景写真は本当に一瞬で雰囲気が変わるので、
時間的には風景の方が厳しいような気が僕はします。

花はまったくわかりません!!笑
Commented by kozi_e at 2009-06-02 23:30
>銀プリおやじさん
あまり好きな言葉ではないのですが、
こればかりは"センス"になると思います。
テーマを持つこと以前に、僕の場合は花についてはイメージがまったく浮かびません。
センスがないと言う表現が正しいと思います。笑


<< Reason.      Tree. >>