2009年 08月 03日
Everyday.
写真を毎日毎日撮るということは、
写真が上達する方法でもあるとは思うけれど、
でも撮る被写体によって、最近は上達する速さが違うことに気が付いた。
僕は東京に行く前まではずっと山ばかり入っていたため、
渓谷の写真の上達だけはしているだろうと考えていた。

しかし、実際はそんなに上達していたわけではなく、
東京に行って、いろんな被写体と出逢い、また、いろんな撮影を仕事でするようになり、
撮影そのものの技術よりも、自分の被写体に対する"視線"が大きく変わった。

先日撮影に行った熊本の渓谷でも昔とは違う視線から被写体を見ている自分が
すごく新鮮に感じたし、その感覚が好きだった。
何でもない風景でもごく最近までは、作品にならないとか勝手に思っていたりしていたけれど、
それも視線、感じ方を変えれば十分に作品になるのであって、
それが少しずつ理解してきた自分がいることにちょっとびっくり。

宮崎に帰って来て、まだ時間はそんなに経っていないけれど、
ドラゴンボールの悟空が界王星で修行をしたように、
自分も宮崎という"星"で多くのことを短期間で修行したいと思います。
今はやっとバブルス君を捕まえられた感じです。笑

c0141020_8302926.jpg

[PR]

by kozi_e | 2009-08-03 08:47 | ブルーな世界 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://blueimage.exblog.jp/tb/12063515
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by *juju* at 2009-08-03 10:37 x
美しすぎて...
おかしな表現かもしれませんが「痛さ」を感じます。
清冽さからくるものかも知れません。
Commented by photo-rhythm at 2009-08-03 13:28
すごく共感できます。
僕も写真を本格的に始めた昨年暮れからは、モノの見方が物凄く変わった気がします。
すごく活動的にもなりましたし、同じ被写体を別の角度からも見ることができるようになりました。
宮崎での「修行」、楽しみにしてます。
Commented at 2009-08-03 15:03
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kozi_e at 2009-08-05 18:04
>*juju*さん
かなり勢いがすごかったですからね。笑
カメラもびしょ濡れになり、久しぶりに焦りました。笑
でもそのお陰で良い写真が撮れました^^
これは写真で見るともっともっと痛さを感じますよきっと^^v
Commented by kozi_e at 2009-08-05 18:10
>photo-rhythmさん
僕は"物撮り"をし始めてから視線が大きく変わりました。
精神的なものよりも、撮影に歩いている時に
より多くの物を被写体として見れるようになったことです。
その被写体に対してどのように接するか。
何でもない看板や通行人がベルトに付けている変な入れ物でさえも、
足を止めて被写体として考えるようになりました。
宮崎に帰って修行という修行はそんなにはありませんでしたけど、
"自分の中にあるもの"を発見できたことが今回大きな収穫でした。
宮崎での1週間はあっと言う間でした。
そんなわけで、今日!僕は東京に戻りました!!笑


<< School Series再び。      山籠り。 >>