2011年 09月 01日
阿蘇の通り道で。
c0141020_15331058.jpg

以前から僕のブログを見ていただいている方は知っていると思いますが、
僕が普段聴く音楽はオペラやクラシックが多く、
今流行している音楽はまったく聴きません。

かなり前の記事でも紹介しましたが、
イギリスのAndrew JohnstonやLIBERAとか少年合唱団の音楽は特に好きで、
CDを購入してからというものずっと飽きずにほぼ毎日聴いています。

ジャンルはまったく違うのだけど、最近たまたま見つけた音楽で、
個人的にいいなと思った曲がありましたので、
ちょっと今日はみなさまに紹介したいと思います。

その音楽はジブリの紅の豚のサウンドトラックに入っている最後の曲、
加藤登紀子さんの「時には昔の話を」
という歌です。

昔の話がテーマになっている歌みたいなのですが、
僕はこの歌が好きです。

・・・って、自分の同世代(25歳)の方たちに言っても
なかなかこういう音楽を聴いている人はいないので、
みんな分からないみたいですが。笑

一度みなさんも聴いてみてくださいね。
ひょっとすると昔あった出来事を思い出し、
あの頃の懐かしい時間に一瞬でも帰ることができるかもしれません。
[PR]

by kozi_e | 2011-09-01 16:03 | ブルーな世界 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://blueimage.exblog.jp/tb/16798561
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by je5cxr at 2011-09-02 10:34
その曲は知ってます。ええ曲ですよね。
私は、基本的に何でも聞きます。これ、あるバーの私の師匠の教えなんです。
「世の中にある曲は、いい曲ばかり。ただ、合う合わないはあるから、聞かず嫌いはやめなさい。」
と。

空き地がなくなっちゃった / Rio

心に染み入った曲の1つです。
Commented by てふてふ at 2011-09-07 08:10 x
おはようございます。今日の延岡の空は、快晴、きれいなブルーです!

写真、いいですね。深呼吸しましたよ。。

この曲もはじめて聴きましたが、とてもいいですね。
近頃よく、昔のこと、思い出すのです・・・年のせいかな・・

今日も一日、いい日を。。
Commented by Koji at 2011-09-12 13:28 x
空の色を映したもやが蒼と緑のグラデュエーションを作って綺麗ですね。
しっとりとした夏の空気を感じられます。
私はそのときの心のありようによって聞きたい曲が変りますが、今ならベートーベンの悲愴と良いですね。本来のタイトルは日本語の悲愴と言う言葉が表す意味とは違いますが。


<< Takachiho.      新しい光が。 >>