2008年 09月 15日
濃霧
c0141020_1934298.jpg

うっすらと浮かび上がる先には。
[PR]

by kozi_e | 2008-09-15 19:10 | ブルーな世界 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://blueimage.exblog.jp/tb/9716024
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 上総国主大納言 at 2008-09-17 03:46 x
霧の風景は幻想的でいいですね。
私が小学生の頃、夏休みになると両親が日光の霧降高原に連れて行ってくれました。霧に浮かぶ山々、木々などを見ると、いまでもその時の風景がよみがえってきます。遠くから見ると雲のように見え、掴むことができそうなほど近く感じがするが、いざ近づいてみると、そこは雲ではなく、真っ白い霧状の水滴しかない。子供の頃、雲を掴みたくて掴みたくて仕方がなかった。はるか向こうの道路に雲状の霧がかかっているのを見ると、車がその方向に進んでいくと無性にワクワクしたものです。かならず車の窓を開け、手を伸ばしたものです。
 この写真は、その頃の体験を思い起こさせてくれますね。
Commented by kozi_e at 2008-09-28 21:16
>上総国主大納言さん
霧は僕も大好きです^^
そうです。遠くから見ると雲に見え、掴むことができるのだと思ってしまう。
でも実際に行ってみると、逃げていくように霧が消えていく。
不思議な体験ができますよね^^
なぜか霧を見ると岡村孝子の曲が流れるのは僕だけでしょうか。

・・・古ッ。(-ω-;)


<< Mean      I can fly. >>