2008年 10月 19日
清流
c0141020_1841646.jpg

気分転換に、やっぱり渓谷。






今日は久しぶりの渓谷。
少し寒くなったけれど、そんなのは関係ない。

やっぱり渓谷は落ち着く。

多くの人間(ど田舎だけど)が行き来する街とは違い、
自分が行く渓谷に関しては人間がまったくいない。

本当なら、今の自分の年齢(22歳)を考えると、
彼女でも作って、デートしたいななんて考えるのだろうけれど、
今の僕には愛する人がいるよりも、写真を撮っている方が幸せだと思う。

人はそれぞれ幸せを感じる周波数が違う。

特に自分の場合は、周囲が言うように"個性が強い。"

それは、自分でも感じることがある。
好きなもの、好きな音楽、ひとつの物事に対するこだわり。

僕はみんなとは違う。

特に写真に関しては、強い想いがある。

僕の場合、4年前から写真を始め、
最近までは、写真というものがただの楽しみでしかなかった。

でも今はそれが変わってきている。

写真がひとつの生活の一部になっているような気がする。

仕事を終え、家に帰ると本やインターネットで写真について徹底的に調べる。
休日になると、写真に関する本を探したり、撮影に行ったり。

いくら体力的に疲れていても、それをしなければ
自分の寿命が1日1日縮まってくような気がして。
[PR]

by kozi_e | 2008-10-19 19:35 | ブルーな世界


<< 静流      Blue Image >>