カテゴリ:光と影( 31 )

2013年 03月 22日
影。
c0141020_2253552.jpg

カメラを持って散歩をしていると、なぜか影ばかり撮っている自分。
[PR]

by kozi_e | 2013-03-22 23:04 | 光と影 | Trackback | Comments(0)
2012年 08月 16日
北海道。
c0141020_385915.jpg

今月は8日間、撮影で札幌に行ってました。
毎日撮影だったので、個人的な撮影の時間がほとんどなかったのですが、
そんな中で撮った海の写真。

次回はプライベートで行きたいと思います!
もちろんレンタカー借りて風景撮りに!!
[PR]

by kozi_e | 2012-08-16 03:17 | 光と影 | Trackback | Comments(0)
2012年 05月 19日
光と影。
c0141020_21302710.jpg

[PR]

by kozi_e | 2012-05-19 21:31 | 光と影 | Trackback | Comments(0)
2012年 05月 18日
光と影。
c0141020_20585442.jpg

母の手を取って帰る子どもの姿が。
[PR]

by kozi_e | 2012-05-18 21:08 | 光と影 | Trackback | Comments(0)
2012年 04月 24日
影。
c0141020_17462666.jpg

[PR]

by kozi_e | 2012-04-24 17:46 | 光と影 | Trackback | Comments(0)
2011年 12月 13日
光と影。
c0141020_002773.jpg

また、明日から。
[PR]

by kozi_e | 2011-12-13 00:04 | 光と影 | Trackback | Comments(0)
2011年 11月 25日
a distant memory.
c0141020_21292076.jpg

稀に蘇る自分という存在ではなかった頃の記憶。
[PR]

by kozi_e | 2011-11-25 21:33 | 光と影 | Trackback | Comments(0)
2010年 08月 23日
出逢いと別れ。
c0141020_2351740.jpg

今日、韓国人カメラマンの崔洪碩(チェ・ホンソク)さんが韓国に帰った。
チェさんは僕が東京に来てファッション撮影の仕事を始めたときに知り合ったカメラマン。

彼とはよく仕事が終わったあとに2人でカフェに入り、
カメラマンとはどうあるべきか。
撮影において最も大切なものは何か。
自分に足りないものは何か。
などなど、カメラマンとしての悩みをたくさん聞いてくれたカメラマンの一人。

そんなチェさんが韓国に戻るという"噂"を最近聞いていたのだけど、
あくまで"噂"として捉えていたため、僕はあまり本気にしていなかった。

けれど、今日の昼過ぎにチェさんが空港から電話をかけてきた。
あまりに急だったので、僕はチェさんに伝えたいことがたくさんあったのに、
結局すべてを伝え切れぬまま、電話を切ってしまった。

人との別れって不思議なもので、
電話をしていたときは「きっとまた会えるから。」と思って、僕は普通に話していたのだけど、
電話を切ってから、チェさんの存在が僕にとってどれほど大きかったのかがこみ上げてきた。

部屋の中で呆然とする自分。
チェさんには教えてもらうことばかりで、
結局僕はチェさんに何もできなかった。

だから僕は、チェさんに教えていただいたことは生涯忘れず、
次にチェさんが日本にまた来る頃には一流のカメラマンになって、
チェさんにお礼を言おうと心に決めました。

次にチェさんに会う時は僕は胸を張れるように頑張ります!
チェさん、今まで本当にありがとうございました!!
[PR]

by kozi_e | 2010-08-23 03:01 | 光と影 | Trackback | Comments(4)
2010年 04月 11日
Everything.
今日は撮影だったのだけど予定が変わったので、一日休みになった。
時間もありますので、日記みたいなのを久しぶりに書きたいと思います。

一人暮らしをされているみなさん、食事はしっかり摂られていますか?

僕は都内で一人暮らしをしているのですが、
カメラマンになってからずっとお昼と夜はジャンクフードばかり食べ続けていました。

1週間のうちに4回はマクドナルド、3回は松屋の牛丼。

空腹が満たせればいい。とにかくお金が掛からなければいいという甘い考えから、
ずっと何ヶ月もそのような生活をしていました。
自分はまだ若いから食べ物なんて気にしなくてもいいと思っていました。
けれど、最近それは大きな間違いだと気づきました。

ストレスにより喫煙もするようになり、さらにジャンクフードが続いて行くと、
朝起きてから体が重いと感じるようになりました。

『最近忙しいから疲れが溜まってるんだろうなぁ。』

と自分に言い聞かせて頑張っていましたが、
結局、体力と精神に限界が来てしまい、病院に行ったりしていました。

病院の先生から薬を処方してもらい、これで安心だなと思って、
また何も考えずに(笑)同じような生活をしていると、
今度は些細なことでイライラするようになってしまいました。

『自分は完璧主義なんだ。だからこれはイライラして当たり前なんだ。』

と、はたまたとんでもない考えを持つようになり、
自分の中の悪い部分だけが浮き上がって来るようになってしまいました。

ところが、職場でお昼ご飯を摂る時に、
いつものように僕は松屋かマクドナルドへ行こうとしていたのですが、
予定変更で職場のみんなとねぎしへ行こうと言う話になりました。

昼食に1,000円。(松屋3日分の金額)

少し抵抗はあったけれど、みんな行くので僕も行くことにしました。
松屋の牛丼の味に慣れてしまっていた自分。

ねぎしの牛肉を食べた瞬間、家庭の食事を久しぶりに食べたような感覚になり、
正直涙が出そうになってしまいました。(おかしな話ですけど、本当の話です。)

味はもちろんですが、野菜も摂れる食事だったので、とにかくバランスが良い。

体もいつもとは違って重い物がなくなる感じでした。

食べ物って本当に大事ですね。
社会人だった頃はずっと両親に作ってもらっていたので、
それが"当たり前"というような感覚になっていたけれど、
それって、本当はすごくありがたいこと。

おとといは久しぶりに自炊しました。
(うどんとニラとひき肉を醤油と塩こしょうで味付けした焼うどん)

やはり朝が違いますね。
体のだるさもなく、外の空気も新鮮さを感じます。

三度の飯より写真好き。
これって決して良いことではありません。

今までもいろんな方々に食事のことや睡眠のことでコメントをいただいておりましたが、
今後はもっと深く受け止めたいと思います。

c0141020_1849246.jpg

[PR]

by kozi_e | 2010-04-11 19:33 | 光と影 | Trackback | Comments(11)
2010年 02月 22日
Location hunting.
c0141020_023155.jpg

今日はロケハン。
近々ロケ撮影の予定が入っているため、
今日は都内でカメラとメモを持ってひたすら歩いた。
最近僕はずっとスタジオ撮影ばっかりだったので、
形はどうであれ、東京の街を歩くのは本当に久しぶり。
あまり来ることがない東京駅。
でも今日は何だか懐かしい想いがした。

そういえばこの前写真学校の期末審査があった。
その中で写真作家の先生に、
『あなたは何でも撮れるのだから、もっと"人に嫌われる写真"を撮りなさい。
そして、あなた自身も嫌な人だと周りから言われるようになってみなさい。』
と意見をいただいた。

人に嫌われる写真を撮ることと、人に嫌われるようになること。

最初は何言ってるんだろうこの人はと思っていたけれど、
でも確かに自分の写真は人に嫌いと言われたことがない。
昔は"上手いね"とか"すごく綺麗だね"とか言われることに大きな喜びを感じてしまって、
もっと周りの人に褒めてもらいたいとか認めてもらいたいと思っていた。

それは向上心という意味では良いことかもしれない。
でもそれは逆に言えば、人に褒められる写真か認めてもらう写真しか撮らないわけで、
自分のオリジナリティには繋がっていないのではとこの言葉を聞いて思った。

個性と癖は紙一重。

まだまだ自分は写真と向き合う必要がある。
[PR]

by kozi_e | 2010-02-22 00:47 | 光と影 | Trackback | Comments(3)