<   2010年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2010年 05月 31日
Kind.
c0141020_22594182.jpg

人生初と思われる食中毒というものを患いました。笑
(明日診察してもらいますが、おそらく。。)

だから昨日から僕は家で寝たきり。

最近は良いことも悪いこともいろんなことがありすぎて、
とても充実した毎日を過ごしています。

川の流れのように過ぎ去って行く日々。
何気ない会話やお誘い。
日を増すごとに僕は人に支えられながら生きていると痛感しています。

僕はこれまで自分の身に良いことが起こると、
なぜ良いことが起こったのかを考えずに過ごして来ました。
いろんな人に支えられているから起こった出来事なのに、
それを自分の手柄のような感覚でいました。

たった2日間ではありますが、こうやって静かに部屋の中で過ごしていると、
自分に起こったこれまでの出来事や、その裏側にあると思われることを
落ち着いて考えることができました。

ファッションの職場で一緒に働いている社員の方がよく言っていた言葉、
"感謝の気持ちを忘れずに。"
今なら、よく分かる気がする。

『Kind』は"親切"と"種類"という意味があります。
今日の写真は、阿蘇に行って撮った人生初のライダー写真です。
たまにはこんな種類の写真もあっていいかなって。。笑

ライダーの人って恐いイメージがありましたが、
写真撮ってる時に手を振って来たり(片手運転だから危ないですよ!)
結構親切で面白い方が多いですね。
やっぱり人って好き。
[PR]

by kozi_e | 2010-05-31 23:54 | その他
2010年 05月 16日
Beauty.
c0141020_2205923.jpg

c0141020_2201839.jpg

c0141020_075686.jpg

c0141020_2203939.jpg

昨日は普段のファッションの仕事でジョ・・・いえ、縄田智子さんを撮影したのだけど、
今日もフリーの仕事で縄田智子さんを撮影。
前回はメンズモデルの西イウタさんを撮影し、今回はレディースモデルの縄田智子さん。
前回も今回もヘアメイクはもちろん仲嶋ヨウスケさん

今回フリーでいただいた仕事はJ LINK internationalという国際美容関連事業をしている会社様から
ホームページのビューティー写真が欲しいと言うことでメンズとレディース両方の撮影依頼を受けました。

女性社長の木元さんとビジネスパートナーの岩片さんが前回同様今回も、
僕の自宅兼スタジオに来られ、非常に狭い中、撮影現場を見ていただきました。

木元さんと岩片さんは関西出身。
非常に明るい方たちで、打ち合わせ時の合間や撮影時の合間に
僕は彼らの話を聞いて、顎が痛くなるほどずっと笑っていました。笑
なかなか言葉で表現することは難しいけれど、彼らは本当に素晴らしい方たちで、
僕はこの出逢いを生涯大切にしたいと思っています。
彼らの熱意や仕事に対する想いには正直心を動かされました。

さて、僕も彼らに負けないようこれから現像の仕事をしますっ。
縄田さんも表現力や表情が驚くほど成長してますし、
仲嶋さんもますます腕を磨かれていますので、
僕だけ孤立しないように頑張らなくては・・・っ。
[PR]

by kozi_e | 2010-05-16 00:09 | モデル
2010年 05月 10日
5月病。
c0141020_2164712.jpg

c0141020_2165957.jpg

寝て、食べて。
もうゴールデンウィークは終わり。
明日から頑張らねば。
[PR]

by kozi_e | 2010-05-10 02:23 | 動物
2010年 05月 05日
五家荘の職人。
c0141020_7504940.jpg

c0141020_751530.jpg

c0141020_7513754.jpg

c0141020_753258.jpg

おとといと昨日は熊本県八代市泉町の五家荘で商品撮影に行ってきました。

五家荘工芸というところでの商品撮影だったのですが、
・・・じつは以前にも五家荘工芸に行ったことがありました。

僕の従弟がこの木工所で職人をしているのですが、
久しぶりに再会すると、従弟が大きい存在になっているように見えました。
ずっと山の中で木工の仕事をし続け、ほとんど遊びもせず、ひたすら我武者羅になって
木工に向き合っている。
こんな従弟の存在があったから、自分は写真の世界に飛び込めたのです。

以前ここに来たとき僕はまだ社会人で、従弟の姿を見ながら

『自分の本当にやりたいことをするって大変だと思うけど、
でも、すごく輝いていて、自分もそうすれば良かったなぁ。』

って言っていたのを覚えています。
従弟は本当に木工に対する情熱が強く、僕も写真に対して情熱はかなりあるとは思うのですが、
従弟の姿を見て、まだまだ写真とまっすぐに向き合わなければと今回の訪問で思いました。

まだまだこれから。
[PR]

by kozi_e | 2010-05-05 08:31 | その他