<   2010年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2010年 11月 28日
Tomorrow.
c0141020_2322771.jpg

また、新しい明日がやってくる。
[PR]

by kozi_e | 2010-11-28 23:19 | ブルーな世界
2010年 11月 23日
Creative.
c0141020_21491319.jpg

今の僕は、一日1回、何かしら得ている。
[PR]

by kozi_e | 2010-11-23 22:09 | ブルーな世界
2010年 11月 20日
お弁当の本の紹介。
c0141020_20544271.jpg

みなさんはお昼ご飯はどのように摂られていますか?

僕が地元宮崎で社会人をしていた頃は、実家の母が毎日お弁当を作ってくれていたのですが、
東京に来てからというもの、こういった手作りのお弁当を食べる機会も、
もちろん作る機会もなく、いつか自分が結婚したとき(仮にできた場合です。笑)に奥さんとなられる方が
もし負担なく自分に作ってくれるのなら、それはどんなに幸せなことだろうと思います。

最近僕の周りではなぜか結婚ブームでして、新婚の方が多々おられるのですが、
その中の一人、職場のスタイリストの岩田さんは毎日奥さんがお弁当を作ってくれるそうです。


『岩田さん、今日のお昼はどうされますか?』

と僕が聞くと、

「ごめん。エトゥー。(僕のことです。)
今日も持って来てるんだ。」

と答え、

『愛妻弁当ですかぁ〜。うらやましい限りですな。』

とほぼ毎日同じ会話をしてます。
(本当、しつこいくらい毎日この会話をしています。笑)


お弁当って昔は作ってもらっても何とも思っていなかったのですが、
(きっと毎日作ってもらっていたので、それが一種の"当たり前"という感覚になっていたのかも。)

きっと作るのも大変だし、それを毎日続けるというのも難しいことだと思います。

・・・と、そんなことを考えていたら、自分もお弁当を一度だけでも作ってみようかなと思いました。

僕は大学時代や昨年も多少は料理を作っていた時期もあったので、
料理がまったくできないというわけではないのだけど、
"お弁当"という限られたスペースの中での表現は初めてのことなので、
何かお弁当に関する本を読んでみようと思って、今回はお弁当の本を探してみました。

もちろんお弁当の本と言っても、いろんな出版会社が出しているので、
正直どれを読めば良いのかわからず、
結局、僕はそれらの本のお弁当の"写真"で本を選んでみようと思いました。

その中で、日本テレビさんが出版している

『いつでも魅せ弁当 〜ちょっとの工夫で、ラクラクできて、味も見た目も、グレードアップ♪〜』

という本を読んでみたのですが、すごく読み易く、

"鮮やかな黄色の卵焼きの作り方"

などの技術的なことはもちろん、

"おかずを切る時の大きさのコツ"

などのお弁当そのものを『魅せる』ためのテクニックや

"作りおきおかずの作り方"

など、朝お弁当を作るお時間がなくても、
作り置きをしておくことで、すぐにお弁当ができる方法などなど、
基本的なことから応用的な事まで、
この本にほとんど凝縮されています。

この本に載っているお弁当の写真も素晴らしいです!
お弁当を食べたい!と思ってしまうほど、魅せています。

・・・と、この本を読んで、さっき自分でお弁当を作ってみたのですが、
c0141020_21465676.jpg


・・・形はどうあれ、やはり一生懸命作ったので、美味しかったです!!笑


是非みなさんも読んでみてくださいね^^
c0141020_21503041.jpg

[PR]

by kozi_e | 2010-11-20 21:51 | その他
2010年 11月 16日
Reading.
c0141020_1124033.jpg

午後ティー切り抜き撮影失敗!ヒーハー!!
・・・すみません。取り乱しました。

最近は秋ということもあってか、僕は読書を始めました。
前までの僕は、決して読書ができる性格ではありませんでした。

軍隊のように整った文字の列、ふりがなのない難しい漢字、絵や写真が一切ない文字だけの世界。

実際に読んでみようと思っても、2、3ページ読んでいたら何処からともなく自分の好きな歌が急に頭の中で流れ始めて、
それにリズムを合わせるかのように読むスピードもアップ。
その結果、文字だけを目で追っていて、まったくその本の伝えたいイメージが頭に残らない。
結局ふりだしに戻って再度読み返すも、読む気をなくして3日坊主。(3分坊主?)

本当にひどいですよね。

けれど最近は読書は自分にとって必要なものだと思えるようになりました。

今の自分には何かが足りない。

写真は他の誰にも負けないくらい好きなだけ撮っているし、
日々上達していることも自分でも実感している。
今の自分の技術の部分で何が足りないのかもよく分かっている。

けれど、その充実しているかのような自分になぜかまったく納得はできていなかったのです。

よくよく頭の中を整理して、気を休めて考えてみると、
自分の物事に対する考え方や捉え方、被写体に対する概念、固定観念。
それらがまったく成長していなかったということ。

自分の「芯」は大事だけれど、本当にその芯は黒い芯なのか。
もしかすると白い芯で、カンバスに描いても何も残らないものかもしれない。
途中で折れるようなモロいものかもしれない。

そうやって考えていると、やはりいろんな人の考え方を知る必要があるなと思ったのです。

人は本当に十人十色いろんな意見、考えがあります。
朝見たニュースの話題を職場でしたときなど、
「そういう捉え方もあるんだなぁ。」って、本当に勉強になります。

人ってすごく面白いです。

だから作者の考えが注がれた本を読むことが好きになったのかも。
休日のときはよくカフェで読書をするほどになりました。

本は本でももちろん興味のない本もたくさんあるけれど、
でもそれらも自分の考え方が成長できればきっと読めるようになるんじゃないかと思っています。

・・・って、小学生みたいなことを書いてしまいましたが、
これが素直な感想です。^^;
[PR]

by kozi_e | 2010-11-16 01:48 | 物撮り
2010年 11月 10日
Dream.
c0141020_0293090.jpg

良い事(嬉しい事)続きだった毎日。
けれど、良い事のあとには必ず悪い事(辛い事)が起こるように、
数日間正直辛い日々があった。

でもそれは家族ではなく、あくまで僕自身が苦しんだことだったので、
結果的には良かったかなと今は思っています。
僕にとって家族は何よりも、そして自分自身よりも大事。

本当に人の一生って不思議です。
良い事悪い事のバランス。
それらが起こるタイミング。

起こる事ひとつひとつに意味があって、理由があって。

そんなことを考えていたら、急遽僕の前に大きな試練がやってきた。
夢のような出来事が起こり続ける日々、それらを"現実"だと受け入れられていない自分との葛藤。

この一種の壁を乗り越えればきっと光が見えると思うし、
きっと僕自身大きく成長できると思っています。

でも、今はまだ現実だと分かっていても、自分が浮いているような感覚でしかないのです。

別に宝くじが当たったとかそういう類いの話ではないけれど、
僕にとっては今まで生きて来た24年間の中で1番幸せだと感じた瞬間だったのかも。
(別に結婚するとかそういう類いの話でもないですよ!!笑)

とにかく今は現段階の自分に出来る最高の作品を作る。
自分をどこまで追い込んで、新しいイメージができるか。

頑張れ自分!負けるな自分!!
とりあえずオロナミンC飲め自分!!!
・・・って大声で叫びたいけれど、こんな時間にはやっぱり無理。笑
[PR]

by kozi_e | 2010-11-10 01:43 | 物撮り
2010年 11月 07日
Morning.
c0141020_22383124.jpg

忙しいけれど、やっぱり今が一番幸せ。
[PR]

by kozi_e | 2010-11-07 22:46 | ブルーな世界